趣味の登山の真の目的はただ山に登るだけに非ず

健康ブームなどもあり登山は人気があります。登山は気軽なレジャーとも見られがちですが、山の知識も集めましょう。

登山する時の注意ポイント

趣味の登山の真の目的はただ山に登るだけに非ず 近年登山はブームになっています。山ガールなどの言葉も流行しており、カラフルな衣装に身を包んだ女性たちにとっても登山は人気があるようです。一説よると山ガールは、東京都にある高尾山(599m)などのような、低山を登山することが人気なようです。2013年に富士山はユネスコ世界文化遺産に登録されました。富士山は外国人観光客にも人気があるため、今後も登山は人気のレジャーとなるかもしれません。

登山をする時は、登山計画を立てます。登山をする山の地図を買ったり、山の天候や気候を調べたり、噴火情報を調べたり、山の自然状況を調べたりするなど、登山する時は山が安全であるかの情報を取集する必要があります。安全第一を心がける登山は今後も重要となるでしょう。登山する場合は、登山靴、カッパ、懐中電灯、水筒、非常食(飴やチョコレート)、おりたたみ傘、などの装備品を準備する必要もあります。山の情報を収集して、装備品をそろえて安全を重視する登山を心がけましょう。登山経験がない場合は、いきなり有名な高い山には登らず、低い山で登山経験を積んでから、高い山に登るとよいでしょう。世界遺産に選ばれる際に富士山は環境問題が注目されたましたので、登山する際には環境保全も心がけて登山するようにしましょう。

Copyright (C)2017趣味の登山の真の目的はただ山に登るだけに非ず.All rights reserved.